自分の事を押し上げてあげないといけない

マインド

他人のことはよく見える。
自分のこととなると分かっているようで分からないのにね。

誰しも、本当はこうしたいのにという諦めている望みがあると思うんです。

そういう気持ちを持ちながら、現状に甘んじて、これも悪くないと言い聞かせながら今を続けてしまう。

いつまでもそれが続くわけでもないのに。

良いことも悪いこともずっと同じ形ということはないのに。

想像力がないせいで、今のままでいいと言う。

いや、だから、今のままってことがそもそもないんだって!ということなのです。

私から見ると、あの人はこれをこうやったら良くなるなあ、思いきって勇気を出せば飛躍するだろうなあ、
好きなことで生きていけるのになあと思っても、その人自身が自分を引き上げてあげないことには何も変わらない。
何も良くなっていかない。

そこを諦めている人が多いのです。

老化がまさにそうですが、時間が経つということは、下りのエスカレーターに乗っているようなもの。

諦めるということは、どういうことかお分かりですよね?

いつも歯をくいしばって、歯ぎしりしながら生きなくてもいいですが、現実と向き合って、想像して、
意思をもって取り組むことは人間として必要なこと。

私も私なりにやっているつもりだと思っていますが、所詮私なりなのです。

私なりに頑張っていますというのが最も危険。
だってやってるつもりだから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました