美しさは一途さからくる

Eclatメッセージ

美しさ、は一途さからくる。

一途さはストイックさでもあり、継続する力でもある。

ちょっとやってみて結果が出なくて「それなら次行こう」をしてしまいがちな方はもしかしたら
飽きっぽいの前にまず器用なのかもしれません。

わりとすぐにそれらしい形に仕上げることができ、なんとなく完成しているような状態に
持っていくことに長けていると、同じことを続けることが退屈に感じてしまうこともあるでしょう。

ところが、そうなると自分自身を表現するのに「コレ」というものがない状態に陥りやすくなります。

自分は個性が無いから、特技が無いから、はたまた才能が無いから、と思いがちですが
それは違います。

ただ単に何かに対して一途にやりこんでいないだけなのですよね。

例えば自分の一部のどこか一つだけ突出して磨き込んでいたら、側から見ても目立ちます。
何かに詳しい、でも良いでしょう。
鍛えた肉体、でも良いんじゃないでしょうか。

一途に向き合ってとことんやることは非常に地味な行動の積み重ねで、すぐに芽が出てくれるわけでも
ありません。

なんでこんなことやってるんだろう、誰が喜ぶんだろう、このコツコツの先には何があるんだろう??
と自分でも何やってるんだろう?もう疲れたし、限界だ、と感じる日も来ます。
もれなくね。

ところが、本当にもう無理の先に「まさか!」と思うような形となってその一途さが芽を出し
人の目につき、成長していることに気づく日があるものです。

自分では気づかないけれど、結構人って見ているもの。
でもね、「見てるよ」だなんて大抵の場合わざわざ言ってくれません。
なので孤独な時間をたくさん過ごすものです。

しかしその一途さの先に、量と時間とエネルギーを注いで到達した幅広く豊富な知識やスキル、見地が
周囲から必要とされ、よそ見せずに集中した結果無駄なものが削がれて、自分だけの美しい形を作り上げて
いたことにある時気づく日がきます。

それは思わぬところから必要とされることであったり、自分が知らない人から知られていたりすることで
あったり、自分が付き合う人が変わっていたことだったりと気づき方は様々ですが、自分の持てる力を
めいっぱい使うことで発される魅力は人を引きつけます。

それが自分の個性となり、魅力となり、唯一無二の美しさに進化していくのです。

きっかけはなんでもいい。
期間を区切ってやってみるのもいい。一途に何かをとことんやってみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました